« 13歳になりました | トップページ | 牧羊犬コーギー »

2007年7月 4日 (水)

モンキードック・働く犬達

光る犬・猫用迷子札 犬猫用 レッド 光る犬・猫用迷子札 犬猫用 レッド

Amazon.co.jpで詳細を確認する

働く犬は数々あれど、「モンキードック」は、初めて知りました。長野県大町市に、農作物を荒らす猿を追い払うのが「モンキードック事業」です。

TVでもたびたび紹介されていますが、賢く怖さ知らずのサルと、人間の知恵比べは、いつもサルに軍配があがるようです。
「サルは何でも食べる。野菜・果実他、食べられるものなら何でも。しかも冬眠しないので、一年中」。そして「何をしても効果は持続しない」。これが実態です。
サルには「悪意」はないのでしょうが、これでは農家の人が、気の毒です。

ある時、「サル追い」する人間についてきた犬を畏れて、サルが慌てて山に逃げ帰ったのを見て、犬を使うことを思い立ちました。 「犬猿の仲」って、本当だったのです。
そうして誕生したのが「モンキードック」です。(犬種は決まっていないようです)

飼い主と一緒にパトロールし、犬がサルの気配を察したら、離す。犬がサルを追いかけ、追いまわします。

人が追い払っても、一時凌ぎだったのに、モンキードックが活躍すようになったら、まもなくサルは姿を見せなくなったそうです。

モンキードック「クロ」(甲斐犬)を飼っている、飯島さんの話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★━┛

サルの被害が出始めたのは「高瀬ダム建設」の頃から。人間への警戒心がなくなり、快適な里の暮らしになじんで、豊富な餌で繁殖力を増し、ドンドン農作物への依存を高めてしまったのではないかと、推測してます。
サルたちは10年から20年かけて里に下りてきたのだから、同じ年数をかけて、徐々にサルたちを奥山に押し上げるしか方法がない。
                            ☆…☆「よみうりペット」Vol58より★…★…★…★

http://www.nagano.info.maff.go.jp/genchi/H18/genchi02/genchi0205.htm
http://www.pref.gunma.jp/e/01/nouseika/fukyusidou/fukyu_saigai/genchi/1806/0601.htm
「モンキードック」の取り組みを紹介してます。

Ss2007531 私の接したワンコで、最もりりしい犬種の甲斐犬「ハヤテ君」。すっくとした立ち姿は、威厳があり、「威風堂々」の構え。
「ハヤテはアユを守っている」と飼い主さんが言っている。

             Ss2007531_2

 
ハヤテ君を無視しておじさんに甘えるアユ
              

|

« 13歳になりました | トップページ | 牧羊犬コーギー »

ラブラドール」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/7023730

この記事へのトラックバック一覧です: モンキードック・働く犬達:

« 13歳になりました | トップページ | 牧羊犬コーギー »