« 「おしっこ」と「ウンチ」の記録 | トップページ | ラブの1カ月・人の7カ月・座席にはまる »

2010年1月27日 (水)

食べられてしまう犬と猫・雪ん子グルグル

1.27(水)

Photo_3 相変わらずたくさんの薬は飲んでるけど、ずいぶんと元気になりました。
ステロイドも、最初1.5錠から始まったのに、今週は0.5錠。
腎機能も、もうすぐ正常値に入りそう。

雪の日は、やっぱり雪を食べまくってました。

温かい日は薄いひざ掛けですが、寒い日は分厚いひざ掛けを巻いて「雪ん子」になってます。

・‥…━━━★:::::::::::::::::::: 食用の猫 ::::::::::::::::::::::★━━━…‥

犬猫を食べる食習慣の国は、たくさんあると思う。韓国でも、オリンピックの時に社会問題化したが、中国のオリンピックの時は、その種の問題は取りざたされていなかったと思う。最近のニュースで「中国初の動物愛護法、犬肉・猫肉料理禁止へ」を見た。

中国では昔から猫肉と犬肉を食べる習慣があるが、これが同国初の動物愛護法で禁止される可能性が出てきた。国営・重慶晩報(Chongqing Evening News)が26日、伝えた。  重慶晩報によると、この動物愛護法案は、犬や猫の肉を食べた場合、最高5000元(約6万6000円)の罰金および最高15日間の禁固刑を科す。また、犬肉・猫肉を提供する「組織」に対しては、1万~50万元(約13万~660万円)の罰金を科すことを定めているという。  この法案は、過去数年間にわたって起草作業が進められてきた。重慶晩報は法案が成立する時期の見通しについては述べていないが、中国では草案の承認までに数年かかることが多い。  中国では、動物愛護の意識が高まっているものの、犬猫の食用目的での飼育や動物への虐待が今でも広く続いている。犬肉は、「香肉」とも呼ばれ、提供するレストランは中国全土に並んでいる。また、猫肉を食用する習慣が最もみられるのは中国南部で、ネコ数百匹~数千匹を肉販売所へ運ぶトラックを動物愛護グループの人びとが阻止しようとしたといった報道が、普段から伝えられている。(c)AFP

「自国の食習慣・食文化」と言われてしまえば、それまでだし、私たちより、ずーっと飢えている民にモノ申す立場にはないのだが……。

私たちも「鯨」や「マンボウ」を「食文化」として、食べている民だし……。

|

« 「おしっこ」と「ウンチ」の記録 | トップページ | ラブの1カ月・人の7カ月・座席にはまる »

ラブラドール」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/33145563

この記事へのトラックバック一覧です: 食べられてしまう犬と猫・雪ん子グルグル:

« 「おしっこ」と「ウンチ」の記録 | トップページ | ラブの1カ月・人の7カ月・座席にはまる »