« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

ラブの食欲には理由があった・シェパードとの違い

Photo_3 うちのラブは「食欲マジンガー」
友達のゴールデンも、ビーグルも同じく食べ物と見たら「パクゴク」

  だが、中にはご飯を残したり、口をつけなかったり、おやつも気に入らなければ食べないわんこ達がいる。

そのわけが、今日ようやく分かった。
麻布大学獣医学部の太田光明氏が、読売の刊行物に寄稿していた。
「共通のルーツを持つ犬と猫」という題で、食性の違いを述べている。

memo犬も猫もミアキスという共通の祖先をもつ。
これが森の外に出て進化したのがオオカミで、そのまま森の中で進化したのがヤマネコ。
 餌が豊富な森の中と、餌が少ない森の外では食性が異なる。
森の中では、いつもひもじい思いをしていているので、餌にありついた時は一気に食べ、「食いだめ」をした
(肉食獣は他の動物に横取りされないためもあるのでは?)
一方ヤマネコは、好きな時に好きなだけべることができた。
このオオカミとヤマネコが家畜化されたのが、犬と猫。

さらに犬はトレーニングや狩猟のためいつも空腹を強いられ、食べ物に対する執着が増し、ある種の犬は与えられた餌を一瞬のうちに食べ、満腹感を示さなくなった。ラブやどーベルマンなどの猟犬は、食べるというより、飲み込んでしまう。(まさにそのとおり。アユはほとんどのものは、噛まずにパクゴクする。味わうということを知らない。(;д;))


これらの犬は、食後にも満腹感を示さず、交感神経の活性が高いままである。
一方、ジャーマンシェパードや、猟犬でもバセットハウンドは、ゆっくり咀嚼して食べ、食後は副交感神経が活性化し、満腹感を示す。
前者は食べても満腹感がないので、いつでも食べ物を欲しがる。
ラブに、シェパードの速度で餌を与える実験をしたら、副交感神経が活性化し、満腹感を示した
memo そうだ。

appleそういえば人間だってゆっくり食べなければ、満腹中枢が働かないではないか!

以前ビーグルを飼い始めた知人がその食欲に驚き、、「もうたくさん」と言って、食べ終わ るまで、フードを与え続けてみた。
そのビーグルは、通常の3倍量を平らげ、あとで吐き戻したそうだ。

うちのアユ君は、流石にこの年になると、食べる速度もゆっくり。P6280624_3
ご飯以外のオヤツもねだることがなくなった。

やはり食事はゆっくり良く噛もう。
血糖値を上げないためには、最初に先ず野菜類を食べることも大事。

話は飛ぶが、ファーストフードが主体の食事は、肥満と糖尿病につながる。
アメリカの貧困地区では、「フード・デザート(食の砂漠)」と呼ばれる、「ファーストフード店ばかりが並び、生鮮を買えない地域」をなくす運動があるそうだ。

typhoon花の名前木の名前・名前の由来typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

不死身に思えてくる

土曜日に定例の病院。
検査結果は、少し悪化しているが、前回とあまり変わらない。
院長は入院中で、菅野先生が診察。

「アユ君の生命力には、驚かされる」だって。

散歩しないので、爪がどんどん伸びる。
昨日までの爪はこんなだったので、短く切ってもらって、さっぱりした。

P6270617

typhoon花の名前木の名前・名前の由来typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

僕の辞書には「無駄吠え」という吠え方はない。

P6170599 有名な言葉に「雑草という名の植物はない」というのがある。
確かに、植物の名前としては、ないかもしれないが、に庭に「必要か不要か」という分類はある。
中でも、通常、庭に植栽しないものは、「雑草」であり、見つけたら抜かなければならない。
だが、庭にあっては有害だが、野原にあっては美しいものも多いし、存在そのものが不要なものではない。

山の木には「雑木」と呼ばれる種類がある。用木に対して、用の少ないものは「雑木」と呼ばれる。
コナラやケヤキなども「雑木」だが、この雑木林が自然の営みには大事なもの。
雑木を伐採して、杉やヒノキのような用木に換えるのは、「自然破壊」につながる。
私は「ぞうきばやし」と呼んでいるが、業界の方は、「ざつぼくりん」と呼ぶ。

さて、僕たち犬が鳴くと「無駄吠えする」と非難される。
「無駄吠えをしない犬」が、良い犬とされる。

僕は最近よく鳴く。家人にとっては、この鳴き声が気になるらしい。
「タカラトミー」の「バウリンガル」なるものを買ったらどうかと、話しているのも聞いたが、値段が高いことと、信ぴょう性についての疑問から、買うのをあきらめたようだ。

ちょっと前には、ママが「不定愁訴か?」と言っていたが、最近は状況判断が進んできているようだ。

oneオシッコ。時間で判断できる。P6170601
twoウンチ。ウンチの時は歩くことも要求するから分かりやすい。
three腹が減ったー。ご飯の時間に近い時は「メシ!」と判断する。
four「水!」。ご飯の後は、間隔をおいて2回飲む。オシッコ、ウンチの後にも水を欲しがる。
five体の位置を変えて欲しい。肢が変な位置に収まったままの時など。
six歯茎がはれていたり、イボから出血している時は「痛いよー」
seven眠くなった時。ぐずる。

自分で歩けていた時は、水が飲みたくなれば飲みに行ったし、オシコもウンチも散歩のときにするから、下痢ピーの時以外は鳴かない。
体の位置だって、自分で勝手に変えるし、眠くなったら勝手に寝る。
お腹が空いた時と、痛い時以外は、鳴く必要がなかったわけだ。

今は事あるごとに鳴いて意思を疎通させるしかない。

P6140590

「ツレサギソウ」
「連れ鷺草」。サギソウが連れ立って並んでいるように見えることから。
「ラン科」の植物。

「ジガバチソウ」だと思っていたが、改めて調べて間違いが判明。

typhoon花の名前木の名前・名前の由来typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月14日 (月)

ウンチの旅・はやぶさの旅

7年の月日をかけ、60億キロを旅した「はやぶさ」が、13日に帰還した。2010614
何度もアクシデントに見舞われながら、英知と運とで奇跡を見せてくれた。

通信に40分かかる距離。即時に指示を出しても、間に合う距離ではない。
入念に組み込まれたプログラムと、工夫を重ねた指示の送信。
観測不能なくらい、遠く離れた、九州よりも小さい星にたどり着き、帰還。

有人宇宙開発には懐疑的だが、無人の探査機の開発には賛成。この分野に予算をつけ、成功させ、世界のNO1になることは、日本人の誇りと、経済の発展にも役立つと思う。

snail遥かな「はやぶさ」の旅に比べたら、アユの「ウンチの旅」は、ささやかだが、結構つら 2010614_2 い。
元気だったころも、1日に1回は排せつして欲しくて、長い長い散歩をした。
この「ウンチをするだけの為の散歩」を、「ウンチの旅」と呼んでいた。
1時間以上も「ウンチポイント」を、うろうろしても、結局「ウンチなし」の日が、たまにはあった。

snail動けなくなった今も、ウンチの時は歩こうとして、立ち上がる。
体を支えられたままウンチすることもあるし、行き倒れ、横になったとたんに、する時もある。
何度も何度も立ち上がり疲れ果ててしまったり、寝たままグルグル体を回転させることも。
一度に全部出し切れなかった時は、米粒ほどのウンチを出すために、苦しい思いをする。

riceballbread病院食の半量を、以前に食べていたご飯に換えた。bananaapple
さらにササミや豚肉を少量プラス。
これでグンと食べっぷりが良くなった。毎日完食。
自力で立ち上がるのも、楽になったし、肩で息をする回数も減った。

人間も、「命の素の食べ物」にもっと気を配らなければならない。

_05

純白のクレマチス

typhoon花の名前木の名前・名前の由来typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »