« 安全確実・老犬搬送/膀胱炎 | トップページ | 僕の辞書には「無駄吠え」という吠え方はない。 »

2010年6月14日 (月)

ウンチの旅・はやぶさの旅

7年の月日をかけ、60億キロを旅した「はやぶさ」が、13日に帰還した。2010614
何度もアクシデントに見舞われながら、英知と運とで奇跡を見せてくれた。

通信に40分かかる距離。即時に指示を出しても、間に合う距離ではない。
入念に組み込まれたプログラムと、工夫を重ねた指示の送信。
観測不能なくらい、遠く離れた、九州よりも小さい星にたどり着き、帰還。

有人宇宙開発には懐疑的だが、無人の探査機の開発には賛成。この分野に予算をつけ、成功させ、世界のNO1になることは、日本人の誇りと、経済の発展にも役立つと思う。

snail遥かな「はやぶさ」の旅に比べたら、アユの「ウンチの旅」は、ささやかだが、結構つら 2010614_2 い。
元気だったころも、1日に1回は排せつして欲しくて、長い長い散歩をした。
この「ウンチをするだけの為の散歩」を、「ウンチの旅」と呼んでいた。
1時間以上も「ウンチポイント」を、うろうろしても、結局「ウンチなし」の日が、たまにはあった。

snail動けなくなった今も、ウンチの時は歩こうとして、立ち上がる。
体を支えられたままウンチすることもあるし、行き倒れ、横になったとたんに、する時もある。
何度も何度も立ち上がり疲れ果ててしまったり、寝たままグルグル体を回転させることも。
一度に全部出し切れなかった時は、米粒ほどのウンチを出すために、苦しい思いをする。

riceballbread病院食の半量を、以前に食べていたご飯に換えた。bananaapple
さらにササミや豚肉を少量プラス。
これでグンと食べっぷりが良くなった。毎日完食。
自力で立ち上がるのも、楽になったし、肩で息をする回数も減った。

人間も、「命の素の食べ物」にもっと気を配らなければならない。

_05

純白のクレマチス

typhoon花の名前木の名前・名前の由来typhoon

|

« 安全確実・老犬搬送/膀胱炎 | トップページ | 僕の辞書には「無駄吠え」という吠え方はない。 »

ラブラドール」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/35254593

この記事へのトラックバック一覧です: ウンチの旅・はやぶさの旅:

« 安全確実・老犬搬送/膀胱炎 | トップページ | 僕の辞書には「無駄吠え」という吠え方はない。 »