« 数値だけでは分からない体の個体差 | トップページ | 2回食→4回食に・バナナの実力 »

2010年7月31日 (土)

高齢になると薬の使い方は難しい

P7240731 鼻汁が止まらず、勝手に抗生剤を飲ませてしまい、結果としてご飯を食べなかったり、下痢になったりしてしまった。

動物病院にメールで相談。

アユの鼻汁について、ご相談します。

以前から左上の歯茎からと思われる膿様鼻汁が出ていましたが、今回は少し違っています。

1.硬めであること。

2.自分でくしゃみをして、出してよこすこと。(頻繁に出します。)

もしかして「鼻くう炎」かもしれないと思うのですが、どうでしょうか。

21日夜と22日朝に「セファレキシン錠」2錠「「イムロース」「ビオフェルミンR」を飲ませたところ、ご飯を食べなくなりました。

※牛肉、レトルト(11歳以上用)を食べてくれましたが、27日夜から下痢になりました。

※その後薬を止めたので、下痢は収まっています。

※現在はご飯を7割位を食べています。

※鼻汁は少し収まったような気もしますが、変わらない気もします。

※エアコンをつけっぱなしにしてから、症状が出たような気もしますが、関係ないでしょうか。

鼻汁にしても、鼻くう炎にしても「セファレキシン」は有効だが、薬には主作用のほか副作用もある。
以前も副作用でご飯を食べなくなり、薬を止めた経緯があったのに、鼻汁の方に気を取られ、副作用のことを失念してしまっていた。

Dr「経口薬は副作用が多いが、他に副作用が少なく、2週間効果が持続する注射もある」

 「胃腸を通らないので、下痢はない」とのこと。

ネットで調べると、「セフェム系」の注射で「コンべニア」というのがあった。

だが、2週間も抗生剤を飲み続けるのと同じこと。

ググってみれば、医療情報の副作用例として、1例だが死亡もあった。(因果関係ははっきりしない)

また、ブログには下痢や嘔吐の記事が散見する。

とりあえず、様子を見たほうがよさそう。

収まったと思った下痢が、今朝から再燃。

ご飯はフードだけでは口をつけない。

ササミとそのスープをかけると、7割くらいは食べている。

Photo

|

« 数値だけでは分からない体の個体差 | トップページ | 2回食→4回食に・バナナの実力 »

ラブラドール」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
ずいぶん沢山の薬を飲んでいるのですね。
食欲のない時に大量の薬を飲ませるのは、大変ですね。
かっては、一日の錠剤が16錠くらいの時もありましたが、今は朝1.5が基本です。
獣医さんの判断で、「食欲をなくすくらいなら、止められるものはやめましょう」ということです。
今は「鼻くう炎」の関係で、プラス朝晩2錠と、整腸剤を朝晩3錠飲んでいますが、結構大変です。

投稿: 桃 | 2010年8月16日 (月) 18時01分

こんにちは。うちの子も16才で、肝臓、胆のう、心臓の薬を飲ませています。これから見させ頂きます。よろしくお願いします。

投稿: まみ | 2010年8月 7日 (土) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/35969563

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢になると薬の使い方は難しい:

« 数値だけでは分からない体の個体差 | トップページ | 2回食→4回食に・バナナの実力 »