« お父ーさん、アユ君チーだって | トップページ | 東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに »

2010年9月28日 (火)

たのしい夢を見ながら天国に旅立ちました。

長い間可愛がっていただき、ありがとうございました。

Photo_5     

今年の1月5日に、一旦は消えかけた命でしたが、8か月余を共に過ごすことが出来ました。S_2

その間、「こんどこそだめか」と思ったことが幾度かあり、検査データも7月末からは、腎不全と心不全の状態でしたが、そのたびに奇跡のように命を紡ぎ、私たちや獣医を驚かせました。

平成6年夏、アユを家族に迎えてから、亡くなる日まで、たくPhoto_6 さんの楽しい時間をもらいました。

そして、たくさんの大切な事をえてもらった、16年と2カ月でした。

Photo_7  苦しくても、つらくても、天寿を全うする姿からは、最期まで命を大切に一生懸命生きなければならないというこPhoto_8とを。

また、人は変われるということ。

アユパパはイヌが怖くて、赤ちゃんのアユに触ることもできませんでした。

そのアユパパが、一番献身的にアユを介護し、気が付いたら、いつの間にか「イヌ好き」に変わっていました。

5月末から、歩行が困難になり、7月末から、少しずつご飯を食べられなくなり、8月下旬には、食事量が「0」の日もありました。Photo_12 Photo_13 Photo_15

9月1日から下痢がはじまり、点滴と注射を続けましたが、ついに回復には至りませんでした。

3日、「アユごめんね。苦しい思いをさせてごめんね」と言ったら、小さいけどはっきりと「ングー、ウグー、ウグー……(大丈夫だよ)」と答えてくれました。

そして、9月4日、亡くなる直前には、何年ぶりかで尻尾をブルブルブルブル振って、別れを告げてくれました。

家族みんなに見守られ、楽しい夢と共に旅立ったものと思います。

Photo_10 Photo_11 可愛く、美男子で、賢く、優しく、我慢強く、お茶目でいつも私たちを大きく包んでくれたアユ。

感謝の気持ちでいっぱいです。

でもそれ以上に、さびしい気持ちと、ぎゅっーと抱きしめたい気持ちでいっぱいです。

アユのおかげで、たくさんのワンちゃんと飼い主さんの知己を得ることが出来ました。これもアユの贈り物だと思います。

改めて、可愛がってくださった皆様にお礼を申しあげます。

ありがとうございました。

平成22年9月

_01 次回からは、介護の工夫や思い出などをUPし、もうしばらくこのブログを続けたいと思っています。 ブログをお読みいただいた皆様、コメントをいただいた皆様、ありがとうございました。 また引き続き、アユ君と桃ママをよろしくお願いします。 仙台は、今日も雨模様で、寒さも感じます。 ワンコの散歩にはちょうど良い気候にはなりますが、この変則的な気候に、体調を崩さぬようお気をつけ下さいますよう。

|

« お父ーさん、アユ君チーだって | トップページ | 東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに »

ラブラドール」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、グーグって伺いました。
なぜならうちの老犬、龍ちゃん!日付がかわって本日8月3日で16歳に…。うちの龍ちゃん、癌と診断されて体力的に手術等の治療に耐えられないと判断。今日にいたってます。痛みが有るのか最近夜泣きが激しく何とかしてやれないか…と言う気持ちで検索致しました。うちも、子守歌は無いですが、おふくろと二人がかりで擦ってあげたり、「トントン」してあげてやっと今寝付きました。

思わず、同じだぁ!と思ってコメント残しました。後何年か?何ヶ月かは、分かりませんが悔いの残らないよう龍と接します。アユちゃんの分も頑張ります。

では、では…
悲しい思い出を蘇らせて済ません。

投稿: 日比野 | 2012年8月 3日 (金) 00時20分

桃ママ様

愛犬の旅立ち程辛い事は有りません犬ではなくて
大切な家族の一員で飼主家族を癒し続けた名犬で
すからね。

我家も8月で20歳の老犬ですが残り少ない命です。

愛犬の友達犬8頭は皆17歳以上の高齢犬ですが皆
長生きして欲しいと思ってます。

投稿: プー子ワン | 2012年6月 7日 (木) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/36959838

この記事へのトラックバック一覧です: たのしい夢を見ながら天国に旅立ちました。:

« お父ーさん、アユ君チーだって | トップページ | 東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに »