« 腸の働きとバナナと乳製品 ・ お腹がゴロゴロキューン | トップページ | お父ーさん、アユ君チーだって »

2010年9月 3日 (金)

犬の下痢と脱水 ・ オリゴ糖シロップ

sign059月1日(水):夜オリゴ糖シロップを購入。
「ビフィズス菌を増やして、お腹の調子を良好に整える」「厚労省の特定保健用食品」。

だが、まてよ。「乳化オリゴ糖」「食べ過ぎ体質・体調によりお腹が緩くなることがあります」
アユパパと「大丈夫だろうか?」「大丈夫だろう」を繰り返し、結局お腹の調子を良くしてあげたいので、危惧を感じながらも、少量をご飯の上に振りかけた。

まず22時に正常のウンチ。きょう3回目なので「?」
そして23時から、下痢がはじまった。前に下痢をした時の薬「コロネル錠とビオフェルミン」を飲んで、翌日を迎えた。

sign052日(木):かなり軟らかくしたご飯を少量食べて、下痢は収まったかに見えたが、12時から再開。14時16時となかなか収束しない。

水も飲まないので、「脱水」を心配したが、獣医によると、どうやら犬は1日2日水分を取らなくても、そのことで脱水することはないそうだ。

水を欲しがったら飲ませてもよいし、ポカリなら3倍に希釈して与えるように指示された。
ポカリを飲んだ後、少量の下痢があったので、次は水をあげたら、また下痢。

sign053日(金:)昼ごろにまた下痢。ご飯はプロティンもササミをすり鉢ですったものも、食べない。
先生が見えて、皮下補液と、下痢止めの注射をしてもらったので、気持ち的には少し落ち着いてきた。
アユは今まで何度か下痢をしたが、1日でおさまっていた。胃腸が丈夫だったらしい。
他のワンコは、3.4日かかるのは普通、1週間くらいかかる場合もあるらしい。

16.30にまた下痢。胃の内容物がなくなるのは2.3日かかるのそうなので、仕方がないかもしれない。

ママは「ウンチ取り名人」だたったが、今回で「下痢便取り名人」にもなった。

cute「オリゴ糖」は、以前「イムロース」というシロップを処方されたことがあり、犬も大丈夫と思いこんでいた。
実際人間もお腹を壊すことがある位、体質や体調によっては、合わないようだ。犬用は濃度も調整されているとのことであった。
体に合うなら、よい作用があるので、忌避する必要はないが、老犬の場合は要注意。
若いころのアユなら、何の問題もなかったと思う。

だんだん摂取できるものが少なくなってきている。
牛乳を止めて、チーズを止めて、スキムミルク、ヨーグルトを止めた。
リンゴ、バナナ、スイカ、梨、野菜類も止めた。
魚とタマゴはもともと体質に合わない。
そして食べられるものとして残っているのは……フードと肉類。

こんなことで衰弱が進んだら、やり切れない。
すごく後悔し、へこんでしまった。
今まで、些細なことでも獣医とメールや電話で相談してきたのに……。
どうして、今回は早まってしまったのだろう。焦る気持ちが行動を間違わせてしまった。
「アユごめんね」と言ったら、小さい声で「ウグーン・ウグーン」と何度も答えてくれた。

とにかく、早く下痢が収まりますようにsign03

|

« 腸の働きとバナナと乳製品 ・ お腹がゴロゴロキューン | トップページ | お父ーさん、アユ君チーだって »

ラブラドール」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

始めまして。うちもラブラドール、イエローの女の子。うちの子も11歳で酷い下痢、そして食べてくれない、水も飲んでくれない。点滴に頼るしかなかったのですが、点滴のあとすぐ下痢。私もその時なにを食べさせたらいいのか、ないを飲ませたらいいのか、とにかく栄養分を体に入れてあげたいと試行錯誤しました。先生も色々教えてくださって試したものの下痢はおさまらず、とうとう何も口にしてくれなくなり衰弱して最終的には極度の貧血や低体温をおこし、最後まで一緒に頑張ってくれましたが昨年末亡くなりました。ラブラドールは本当にお腹が弱いですよね。今になって色々と自然由来のオリゴ糖などがよいとか植物性のポリフェノルなど、良い物を見つけました。分かるのが遅くなってごめんね。ラブ。の気持ちでいっぱいです。お友達の11歳チョコラブも今とてもお腹の具合が悪いようです。せめて、何か知っていることは教えてあげたいと思っています。長くなってしまいごめんなさい。

投稿: 松島ゆきえ | 2012年7月 2日 (月) 22時21分

今、うちの14.7歳のピレもその状態です。
下痢を始めて1週間目くらいで肋骨の形が分かるほど衰弱しています。ささみをつぶしても、何をどうやってもたべません。

投稿: まじまじ | 2010年10月17日 (日) 19時49分

コメントありがとうございました。
「フラクトオリゴ糖」自体は、悪くないようです。
現に強化されたフードやおやつもある位ですから。
でも、やはりもう腸の働きもボロボロの状態だったと思います。
最後はただ「生かされている」状態だったので、心も体も、限界に近い状態に見えました。
コメントはありがたいと思っていたのですが、PCに向かう気力がなく、お礼が遅くなりました。
ポメちゃん、お元気な様子、よかったですね。
とりあえず、ご飯を食べて、寝てくれると、ほっとしますね。

投稿: 桃 | 2010年9月23日 (木) 18時19分

うちは17歳メスのポメです。
悪性リンパ腫で6月末に脾臓を摘出。
その後なんとか回復し、現在はほとんど歩きませんが食欲もあり 1日に尿2回・便1回の元気な状態です。

2週間前、栄養を取ろうと犬用ミルクを飲ませたのですが下痢を起こし、しばらく何も食べられなくなりました。
その時、自分が拒食症のときに飲んでいた総合アミノ酸液「ミネドリン」を思い出して毎日飲ませました。
今は回復し、食欲旺盛です。(^_^)

投稿: きゅー | 2010年9月12日 (日) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/36521479

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の下痢と脱水 ・ オリゴ糖シロップ:

« 腸の働きとバナナと乳製品 ・ お腹がゴロゴロキューン | トップページ | お父ーさん、アユ君チーだって »