« 東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに | トップページ | マグニチュード7.2 こんなに揺れても余震 »

2011年4月 2日 (土)

大震災から3週間・第十八共徳丸

東日本大地震から、三週間。

ようやくガソリン満タンに。
大津波と大火に襲われた鹿折地区を目指した。

東北道を一の関で降り、284号気仙沼街道を回ることに。
45号線沿も町々も気になったが、道路も悪く、標識もなくなり、目標とする建物も消失し、道に慣れた地元の人でも、迷うってしまうという。

とにかく道路事情も良く、最短のコースは、一関ルート。

気仙沼が近くなってきたら、葬儀社の立て看が目立つ。
一社で何件もの葬儀を扱っている。
後で聞いたら、気仙沼市で近隣の葬儀社を紹介しているとのこと。
市内では、もう葬儀も出せない。

バイパスから気仙沼市内へ。
気仙沼駅周辺には、遠隔地から応援にきたガス事業者が。
古町から三日町あたりまでは、震災で大きく破壊された様子はない。

八日町に入ると、だんだん様子が変わってきた。
あちこちの建物が、壊れて、全壊の家もある。

そして衝撃が走ったのは、南町に入った所から。
戦争映画で見るような、破壊されつくした建物の連続。

宮城交通の営業所も見る影もない。
気仙沼警察署のあった所も、通り過ぎたが、どのようになっていたかは、記憶にない。
NTTは建っていた。更に魚市場に進む。
山影の道なので、津波は入り込まないだろうと思っていたが、この道にも山を超えたのか、回り込んだのか、建物は使用できないほど、壊されていた。

魚市場の建物はあったように思う。
海沿いに、魚町まで車を走らせた。

焼け焦げた船、破壊されつくしたお魚市場。
乗り上げた船。
建物が残っていても、漂流物が入ったり、中が流されて、とても使用に耐えるとは思えない建物の数々。

しっかりしたビルは残っていた。そのまま使えるのかどうかは分からない。
海面より、道路の方が低く、車を走らせるのも、怖い。

坂口から鹿折に抜けようとしたら、「通行止め」
望洋館の方を回ろうとしたが、「カモメ道り」が水没していて、こちらからは鹿折に抜けられない」と言われた。

魚町の大通りを引き返すことことにしたが、道路が瓦礫の山になっている。
「大田」を経由する道が、どの道か分からない。
瓦礫のため、道が細く、車が一台と通れるかどうかという細さ。
対向車が来たら、どうするのだろう。

結局、バイパスまで戻り、鹿折川のから東浜街道へ。

21 旧市内でも、息をのむような光景だったが、鹿折駅前の光景は、これから先も決して目にすることはないと思うほど凄絶な光景。
これが日本?
これが、3月11日まで、人が暮らしていた場所?

駅舎のほかは、セブンイレブンが、それとわかるだけ。
「第十八共徳丸」の大きい船体が、宇宙から来たように、瓦礫の中に建っていた。
今にも航海に出そうな形のまま。

押しつぶされ、焼かれた車、洗濯機、冷蔵庫、布団などなど。
何とは分からない瓦礫。
瓦礫。
瓦礫。
瓦礫。

車が通れるように、自衛隊の人たちが、道をつけてくれたので、辛うじて、この道が駅に通じると分かるが、河口への道は、駅前交差点から五十メートルも行くと、瓦8_2礫で途切れる。
旧市街地に抜ける道は、駅前交差点から、五十メートルくらいまで、水が上がっている。
地盤沈下が激しいらしく、三週間たってもまだ、水。

涙が止まらない。

駅に建ったモニュメントの「カゴメ」が二羽、青空に飛んでいた。

このほかの写真

|

« 東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに | トップページ | マグニチュード7.2 こんなに揺れても余震 »

東日本大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/39462388

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災から3週間・第十八共徳丸:

« 東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに | トップページ | マグニチュード7.2 こんなに揺れても余震 »