« マグニチュード7.2 こんなに揺れても余震 | トップページ | 小西俊夫さんと安斉育郎さん・「原子力村はこうして生まれた」 »

2011年4月26日 (火)

久しぶりの松島水族館・松島に行こう

震災から6週間。

久しぶりに「松島水族館」に、行ってきた。_05_2
「多賀城」の国道45号線で、車ごと津波にのまれそうになった話を聞いていたので、「本当だろうか?」という思いで、4号線バイパスから45号線に回った。

福田町あたりから、瓦の壊れた家、1階部分が住めないくらい壊れた家、横転したままの家財、車……。
信じがたいことだったが、車ごと流された様子を想像出来る。
車を捨てて、近くのビルに逃げ込み、さらに隣のビルに窓伝いに決死の覚悟で移って助かった人。
車が建物に引っ掛かった時車から脱出、近くの家の屋根に移り、助かった人……。

生死を分けるのは、偶然と、気転と、日ごろの津波に対する知識?

今日は晴天。
美しい松島がそこにはあった。
海だけを見ていると、津波の爪あとはない。
静かに今も昔も、松の緑と、海の青さが広がっていた。

松島水族館は昨日から開館。
水族館が開館するくらいだから、町も観光地としての体裁が整ったのかと思ったが、開いている土産屋は見当たらない。
まだ片付けも終わっていないように見られた。
この水族館は小さいけど、家庭的であったかい雰囲気があって、良い。
今まで「八景島」「鳥羽」「ちゅらうみ」など大きな水族館を見てきたけど、大きければいいわけでもない。
「松島水族館」は、見て歩いても疲れないし、ほっとする。

かって「ウミヤドカリ」を飼育する時、丁寧にアドバイスをもらった事がある。
震災などに負けず、頑張ってほしいという気持ちで、今回訪れた。

今日は、行列ができるくらいのお客さんが来ていて、嬉しい。連休中、沢山の人が松島に訪れてほしい。

ペンギンたちも待っている。

松島水族館写真

http://momono11.cocolog-nifty.com/photos/matusimasuiokukan/index.html

Photo

花の名前木の名前・名前の由来typhoon 

|

« マグニチュード7.2 こんなに揺れても余震 | トップページ | 小西俊夫さんと安斉育郎さん・「原子力村はこうして生まれた」 »

東日本大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396049/39765931

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの松島水族館・松島に行こう:

« マグニチュード7.2 こんなに揺れても余震 | トップページ | 小西俊夫さんと安斉育郎さん・「原子力村はこうして生まれた」 »