2011年8月25日 (木)

動物愛護法のパブリックコメントを募集しています

https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment20101007_01

動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

動物愛護管理法は、昭和48年に制定され、その後平成11年、17年の2回改正されています。
 平成17年改正法の附則第9条において、「政府は、この法律の施行後5年を目途として、新法の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。」とされています。これに基づき、平成18年6月の改正法施行5年後に当たる本年、動物愛護管理法の施行状況の検討を進めています。
 検討に当たっては、課題として取り上げるべき事項が多岐にわたっていることから、中央環境審議会動物愛護部会のもとに「動物愛護管理のあり方検討小委員会」を設置し、平成22年8月から議論を進めてきました。
 今回、同小委員会において、「動物取扱業の適正化」にかかる議論を統括しましたので、その内容について、広く国民の皆様の御意見をお聞きするため、別添1の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成23年7月28日(木)から平成23年8月27日(土)までの間、パブリックコメントを行います。

こちらのサイトに、現状など詳しい情報があります。 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069

私は
①犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
② 両生類・魚類販売業者
について、意見を提出しました。

   植物の名前の由来検索   老犬アユと桃ママ日記     原発廃炉に向けて

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

東北関東大震災・アユありがとう・亡くなったペットたちに

3月11日。

チリ地震津波、宮城県沖地震などの度重なる地震を経験しましたが、これほどの災害は、予測の範囲を超え、想像を絶するものです。

人生の中に、これほどの災害が起きるなど、誰が考えたでしょうか。

この津波で亡くなった人たちと、ペットたちに深い哀悼の意をささげます。

久しぶりのブログの更新が、こんな悲しい記事になるのは、残念です。

私の実家は三陸沿岸。
親族も、友人も三陸沿岸に集中しています。
安否が確認できても、そのほとんどの人と、今だに通信手段がありません。

何より、悔しいのが東京電力の原発事故です。
取り返しのできない、最悪のシナリオに進みつつあるように思えて、怒りがこみ上げてしまいます。

世界と日本中を恐怖に陥れ、震災の救援と復興に当てるべきエネルギーも、原発事故に割かれてしまっています。
この事故が安定の方向に早く終息するよう、祈るのみです。

《アユ君にありがとう》

この震災で、お世話になったのは、みんなアユの友達です。
どこに行っても買えなかった乾電池を、わざわざ届けてくださった方。
遠い会社から、毎日水を届けてくださった方。
洗濯機を貸して下さった方。
調理器具を貸して下さった方。
洗い物をして下さった方。
水を提供を申し出てくださった方。
安否に確認に来て下さった方。

みんなアユの友達だった方です。

そうそう、天国で一緒の友達たち。
みんなお骨が落ちずに、所定の位置にあったそう。
「やだ、落ちるもんか」と言って、踏ん張ったに違いないね」
そんな噂をしています。

花の名前木の名前・名前の由来typhoon 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

犬肉料理、あなたは食べられますか?韓国で犬肉料理論争

今朝のよみうり新聞の見出し
「韓国ネット販売が引き金・犬肉料理論争再び・『食文化だ』・『先進国にはなれない』」
Gooニュースでも「一番読まれた国際ニュース」にランクしている。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070713i401.htm

韓国人に人気がある「犬肉料理」について、賛否両論。
1998年「ソウル五輪」の時は、国際的な批判に配慮して、表通りから裏通りにおいやられたが、その後も愛好され続けており、年間200万頭が、消費されるという。

日本で「殺処分」されている犬は10年前で100万頭くらいだったと思うが、年々減少して現在では50万頭と切っていると思う。それでも一日あたりを考えると、1200頭くらいが殺されている。この数も人間の「エゴ」からだと思うと、哀しい数字だが、それをはるかに越えた数の犬が、人が食欲を満たす為に殺されているのは、哀しい。

「食文化」だといわれれば、反論できないが、野生からいち早く人と共に暮らすことになり、家族の一員として暮らしている「犬や猫」を、食べなければならないほど、食糧事情が逼迫しているとは思えない。

「鯨」を食べる食文化を持つ日本人が、お隣の国の食文化にとやかく言うのは、おかしいだろうか?

Ss22007530_1 「ねえ、誰かくるみたい」

              Ss20070530_1「何時まで休んでるの?」

ラビーちゃんと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月29日 (火)

今日は子猫が遊びに来たー♪

今日は子猫が3匹も遊びに来た。招待したわけではないんだけど。
この子たちのママは野良ちゃん。この子たちも、目下のところ野良ちゃん。
ママは前に紹介したこのニャンコ。パパは不明。
http://momono11.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_d7d3.html

前回の出産の時と、同じパートナーと推測。子猫の毛色が同じだもん。

ママは子猫とボクが鉢合わせしたら、ボクが子猫を足でチョイとするかもしれない、と心配している。そこにママ猫がきたら、僕が引っかかれるなんてことも……。そのため子猫が入り込めないように、ガードをしているのだけど、子猫だってニャンコ。こんな低いガードは平気みたい。

今日、庭で遊んでいる3匹を発見。2匹はママのところへ逃げたんだけど、1匹は、反対方向へ逃げてしまった。ママ猫は、ボクのママを低く威嚇しながら、ジーっと子猫を待って動かない。僕のママがちょっと家の中に入ったら、すぐに子猫を呼び戻しに行った。

すばやく逃げられるようになるまで、ボクに家には、「侵入禁止」。

ボクには白丸という友達のニャンコがいるんだ。白丸は友達だから「手も足も」お互いに出さないから、安心なんだけど。ボクの家への侵入者にはちょっと警戒してしまう。

2007528_1 ←心配してじっと子猫を待つママ猫

2007528

必死で這い登る小猫。
画面中央。

2007529                 

今日散歩中にあった。
友達のシロマル君。ムラ君家のニャンコ

写真がここにもhttp://momono11.cocolog-nifty.com/photos/momo11/22007529.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

1994年といえば僕の生まれた年

ボクの誕生日は1994年(平成6年)7月2日。

覚えてはいないけど、福島県福島市で生まれたようだ。
お父さんは1990年11月生まれの3歳8ヶ月イエロー
お母さんは1992年11月生まれの1歳8ヶ月クロ
ワンコだって人間だって、そんな小さい時のことなんて、覚えているはずがないよね。

お母さんのおっぱいを吸ったのもつかの間、生後45日には、もうペットショップ、そしてすぐ今の桃ママの家に来た。(8月13日)

この年の新語流行語大賞ってこれ。
  「同情するなら金をくれ」
  「就職氷河期」
  「ヤンママ」

この年の出来事はこれ
  1.17  ロスアンゼルス大地震
  1.26  大阪愛犬家連続殺人事件の容疑者逮捕……※
  4. 6  ルワンダ集団虐殺  100日で100万人殺された!
  6.27  松本サリン事件
  6.30  村山内閣発足
  8. 5  福徳銀行神戸支店(現近畿大阪銀) 5億4千万強盗 羨ましい^^;
 10.13  大江健三郎ノーベル文学賞受賞

いじめ問題もこの頃から社会問題化したんだ。

※1992年から1993年にかけて、自称「犬の訓練士」が、「筋弛緩剤」を使って、五人の男女を殺害した。関係者が犬の愛好家だったことから、犯人が特定され逮捕された。2005年死刑が確定。※
              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

ボクって90歳なの?

 今日からみんながする「ブログ」を、ボクも書くことにした。なぜって、昨日、桃母さんがびっくりするようなことを聞いてしまったから。
「お宅のワンちゃん、人間でいうと90歳ですよ」…………ブリーダーのオーナー
「??!!」                    ………… 母さん
母さん、納得するような、しないような気持ち。でも、ボクはちょっと納得できないな。まだまだ元気な気がするから、70代かなと思う。

でも、最近はシャンプーもやけに疲れるし、ボールを見ても走りたくないし、段差を登のは億劫だし、「そろそろ年だなー」とは、思っている。

だから、ボクの小さいころのことや、お友達のことなど、書いてみたくなった。

今日も散歩に出て、みんなと会った。久しぶりにブルドックの「ブル君」にも会った。ボクはちょっと怖いので、近づかない。なのに、母さんだけが、ボクをほっといて「いいこ、いいこ」しに行ってしまった。「よし、今日は少し挨拶に行ってみよう」思いきって、ゆるるゆるりと近づいた。
「こんにちわ」「よー、こんにちは。君のママさんに可愛がってもらったよ。お礼に君をなめてもいいかな?君もボクをくんくんしてもいいよ。」というわけで、挨拶できた!

いままでなんで、あんなに怖がっていたのかな?おうちの前で「クーン、クーン」鳴いてみたり、遠回りしたり、細道では思わずバックしてみたり……恥ずかしい。「ブル君は、見かけによらず、優しいワンコだったんだ!
そうだ、ブル君はボクより10歳も若い。僕なんか敵だと思うはずがない。それに赤ちゃんのときは、ちゃんと僕から挨拶の仕方を教えてあげたのに、僕のほうが勝手に怖がってしまうようになったんだ。
今度あったら、またちゃんと挨拶しよう!Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)