2008年4月11日 (金)

黒ラブ米国で行き場失う!

米国で黒くて大きい犬が、殺傷処分に

http://www.petwalker.jp/news/story.php?sNum=865

米国では黒くて大きい犬種は、凶暴だとして引き取り手がなく、殺処分にされることが多い。

黒ラブや、ビットブルだ。P2201730_3

「ハリーポッター」や「オーメン」で、間違った印象を植え付けられたものと思われる。
この現象を「big black dog syndrome」とよんでいる。

実際は温和で賢い犬なのに、黒くて、大きいというだけで、偏見をもたれるのは悲しい。

愛好家団体も、救うための呼びかけを行っているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

ハチ公がハリウッドでリメイク

リメーク「ハチ公物語」、R・ギア主演で9月から撮影

 米芸能紙バラエティー(電子版)によると、日本映画「ハチ公物語」(1987年)をリメークしたハリウッド映画が、人気俳優リチャード・ギア主演で9月から撮影されることが決まった。

 新作タイトルは「ハチコー ア・ドッグズ・ストーリー」。ギアは犬の飼い主の大学教授役を演じ、プロデューサーも務める。「ハチ公物語」を手掛けた松竹が製作に協力するという。

主演のワンちゃんとのツーショットも撮影されました。
日本でもヒットしそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

国内初のペット情報ラジオ番組開

プレスティージ・コミュニケーションズ 国内初のペット情報ラジオ番組開始

株式会社プレスティージ・コミュニケーションズ(所在地:大阪府大阪市北区豊崎2-1-9 G&Rビル8F、代表:高山侑士)は、当社より毎月発刊中のペット関連情報新聞「Japan Pet Pressジャパンペットプレス」企画によるラジオ番組「吉川ひなのLIFE with PET(ライフウィズペット)」の放送を、4月4日金曜日(18:00~18:25)よりTOKYO FMにてスタートいたします。(FM OSAKA - 4月5日土曜日9:00~9:25)Photo

「吉川ひなのLIFE with PET」は、テレビ・雑誌などで活躍中のタレント・吉川ひなのさんをパーソナリティーに向かえ、毎週さまざまなペット関連最新情報をお届けする国内初のペットに特化したラジオ番組です。

番組では、ペット関連情報新聞「ジャパンペットプレス」との連動により、国内外の最新ニュースを毎週お届けし、また昨今のペットブームと並行して起こる数々の問題にも着目。話題のペット関連ニュース、しつけ方相談や各啓蒙団体の方の紹介を通して、大の愛犬家として知られる吉川ひなのさんが、アシスタントの家森幸子さん(フリーアナウンサー)と共に、より充実したペットライフをリスナーと一緒に考えます。

【ジャパンペットプレスについて】
急速に拡大しているペット飼育人口。2006年度ではすでに、犬・猫の飼育頭数が人間の15歳以下の人口を上回り、現在日本の総世帯の40%が何らかのペットを飼育していると言われています。「Japan Pet Press(ジャパンペットプレス)」では、情報ポータルサイト「ペットウォーカー」との連動により、ペットオーナへ向けた国内外のペット関連ニュースや注目のトレンド情報など、「より楽しく」「より価値のある」最新情報を、タブロイド版新聞スタイルのフリーペーパーとして毎月発信しております。


本件に関するお問合せ:
株式会社プレスティージ・コミュニケーションズ
ジャパンペットプレス編集部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

犬は家畜か?

中央日報「犬は家畜か」 ネチズン甲論乙駁  2008/3/25

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=97874&servcode=400&sectcode=400

ソウル市が犬を家畜に含めるかどうかという問題について頭を悩ませている。 Ayu_3

  ソウル市が犬の食肉処理や料理法を管理するため、犬を畜産物加工処理法上の‘家畜’に含める案を政府に申し立てる計画であることが明らかになり、動物愛護団体とネチズンの間で賛否の意見が飛び交っている。

  動物愛好家を中心としたネチズンは主要ポータルサイトの掲示板に「犬は家畜よりもペットの概念が強い」「犬は人間と密接な関係を結んだ伴侶のような動物」と主張している。

  05年から犬食用禁止法案署名運動を行っている財団法人・韓国動物保護協会も政府が動物虐待を助長している、と主張した。

  クム・ソンラン会長は「犬の飼育は韓国のイメージを悪くする。動物愛は人間性を回復するのに重要なものだが、むやみに殺せば韓国のイメージを大きく傷つけるだろう」と述べた。

  一方、犬の食肉処理に賛成するネチズンは「他の動物も犬も同じ」「犬を残忍に殺せないように法的制度をつくることが必要」「犬肉の流通量が多いので透明な管理で国民衛生を守るべき」と、制度の補完を求める意見が多かった。

  03年からインターネットサイト「霊光補身湯(ヨングァン・ポシンタン)」を経営し、犬肉料理の技術を伝授しているイ・ヨンジュンさん(44)は今回の方針に対して「喜ばしいこと」と歓迎の意を表した。

  イさんは「韓国国民の80%が犬の肉を食べているのに、不明瞭な制度のため衛生状態が悪化している」とし「いっそのこと許可を出すべきだ」と主張した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月31日 (月)

犬肉を畜産物として管理すべき=ソウル市

ソウルオリンピックでの措置、覚えていますか?

韓国の食文化なので、とやかく言えませんが、再燃しているようです。

http://www.chosunonline.com/article/20080324000044  朝鮮日報

ソウル市が犬肉を畜産物として管理するために、犬を現行法上の家畜に分類するよう中央政府に申し立てることになった。すでに韓国の食文化として確立しており、衛生的な屠殺や加工を行うために合法的な畜産物として管理すべきとの判断からだ。

 ソウル市の関係者は、「ソウルだけで528軒の補身湯(犬肉鍋)食堂があり、夏には一時的に600軒にまで増える。このような現実の中で市民の健康を守るには、犬肉を畜産物に分類する必要がある」と述べた。

 現行の畜産物加工処理法で「家畜」に分類されているのは、牛、馬、山羊、豚、鶏、鴨、鹿、ウサギ、七面鳥、ガチョウ、ウズラ、キジ、ロバの13種だ。これらの肉を取り扱う業者は、屠殺から調理に至るまで農林水産食品部と地方自治体から定期的に衛生検査を受けているが、犬肉はこのような規制を全く受けていない。

Ayu  しかしソウル市は、この計画が動物保護団体の反発や、国際的に問題を起こす可能性があることから、何度も公聴会を開いて慎重に意見を聞く方針だと表明した。

 とりわけ犬肉が合法的に「畜産物」となれば、生きたまま吊るして火であぶったり、撲殺するなどといった残忍で非衛生的な屠殺方法も厳格に規制されることになり、むしろ動物保護にとってプラスになるという論理も、反対論者を説得する材料になるというのだ。

 犬は1975年に一旦は屠殺や食肉検査が可能な「家畜」に分類されたが、3年後の78年に再び除外された。ソウルの犬肉食堂はソウル・オリンピックの4年前、84年にソウル市が告示した「嫌悪食品営業行為禁止対象および地域」に含まれて以来、現在も規制が解かれていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

ペット扶養手当

http://www.petwalker.jp/news/story.php?sNum=799(ニュースの元 2008 /03 /08 日)

動物医薬品事業などを行う共立製薬株式会社(東京都千代田区、代表:岡本雄平)が咋年12月1日より、新たな社内規定として開始した「ペット扶養手当(犬、猫対象)」が好評のようだ。

  昨今のペットブームによる影響もあって、日本における犬・猫の数が人間の子供(15歳未満)の数を上回り、飼い主のペットに対する意識が「愛玩動物」から「家族の一員」というものへと大きく変化。一方で、捨てられるペットが増加し、年間で約31万頭もの犬猫殺処分やペットへの虐待など、ペットに対する飼育義務の希薄が問題視されているというのが現状だ。 同社では、このようなペット業界の現状を受け、企業理念である「人と動物と環境の共生をになう」に基づき、社員への扶養義務の啓発、人間と動物とのよりよい共生環境を目的に扶養手当を開始。今回のペット扶養手当は、社員の間からも好評のようで、新たに犬や猫を飼うケースも増える見込みだという。社員数290人の中で、扶養手当の対象は、犬を飼っている52人と猫を飼っている30人。いずれも一ヶ月1000円の手当てがペットの写真と年齢、名前を提出する自己申告制で、申告に基づいて支給される。 Fe19020080213_085103_s_2 

同社はペット扶養手当について、「将来的に、このような制度がペット業界だけではなく日本中の企業に拡がっていってほしい」と語っている。


共立製薬株式会社
http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

ペットのパスポート」マイクロチップ 日本では利用低迷

毎日新聞2008/3/6「みんなのニュース」から抜粋

 Photo_6          海外からペットを連れて日本に帰国すると、ペットだけ半年も入国できなかったのは昔の話。03年までは検疫のため最短でも2週間、空港などに留め置かれたが、04年の動物検疫規則改正に伴い、マイクロチップが埋め込まれ、必要な予防接種などを済ませていれば12時間以内に帰国できるようになった。マイクロチップは犬猫などの身元を証明する「パスポート」のようなものだが、日本での利用率は著しく低く、飼い主が分からずに殺処分されるペットが後を絶たない。

動物ID普及推進会議(AIPO、東京都港区)によると、マイクロチップの装着を義務付けているのは英国、フランス、ベルギー、オーストラリア、シンガポール、台湾、香港など。対象は主に犬だが、国によって猫も含まれる。韓国でも来年4月から犬への装着が義務付けられるという。日本はどちらも義務付けしていない。  P2201730 

厚生労働省の統計によると、徘徊していて保護された犬は約8万7000頭(06年度)。このうち、飼い主に返還されたのは約1万5000頭にとどまる。マイクロチップが装着され、自治体の動物愛護センターや最寄りの動物病院に読み取り機があれば、飼い主が判明して殺処分を免れることが期待できる。

全文

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080306mog00m040032000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)